【個人で台風に備えるために】対策の方法をまとめました

スポンサーリンク

東京オリンピックが開催されて盛り上がりを見せていますね。

それにこたえるかのように、日本の近くで台風が発生し、関東方面に上陸間近に迫ってきました。

台風シーズンの到来です。

近年、日本では台風や大雨による災害が増加してきています。

災害に見舞われた場合、よく聞くのがライフラインの断絶です。

その中でも特に停電が一番影響が大きいのではないでしょうか。

もし自分の住んでいる地域が台風などの災害で停電してしまうとどうなりますか?

冷蔵庫やテレビなどの家電が使えなくなってしまったり、スマホの充電もできなくなるので非常に困るこは容易に想像できると思います。

実際、僕の住んでいる地域では毎年台風の被害があり、停電は定番と言えるほどです。

そんなときは、日ごろからの備えで回避できることも多いのですが、僕なりの視点で、

「これがあったらいいな」

と思うものをご紹介します。

ぜひ役立てていただきたいと思います。

スポンサーリンク

対策①カセットコンロ

停電になると、全てを電気でまかなっているオール電化住宅は大打撃です。

僕の自宅もオール電化なので、停電時はIHコンロが使えなくなってしまいました。

プロパンガスなら問題ないのですが、オール電化だと料理はおろか、お湯すら沸かせなくなります。

そういうときはカセットコンロの出番!

カセットコンロがあればお湯が沸かせるので、選択の幅が圧倒的に広がります。

カップ麺やごはんも炊けるし、タオルを濡らして体も拭けます。

小さいお子さん、とくに赤ちゃんがいるご家庭だとミルクも作れますね。

実際、我が家もお湯を沸かしてインスタントラーメン作ったり、お茶を沸かしたりするなど、使用頻度は高かったです。

台風時期でなくとも冬場の鍋などにも重宝しますしね!

カセットコンロ一台で停電後の選択肢が広がるのでぜひ常備しておいてください。


対策②モバイルバッテリー

前述しましたが、停電になるとコンセントが使えなくなります。

となると真っ先に思い浮かべるのが、

スマホの充電!

普段はコンセントから充電していますが、停電すると充電できなくなります。

その時はモバイルバッテリーがあると安心しますね。

しかもソーラーパネルが付いたタイプだと、バッテリーの充電がなくなっても太陽光でいつでもどこでも充電できるので便利です!

普通のモバイルバッテリーよりもソーラーパネル付きをおススメします。

対策③LEDランタン

停電すると家中の電灯が使えなくなります。

真っ暗です…

どこの家庭でも懐中電灯が置いてあるとは思うのですが、僕がおすすめしているのはコールマン製のLEDランタンです。

これ、普通の懐中電灯や最近流行り(?)の引っ張り出して点くLEDランタンではなく。

本体の四方に取り外し可能なLEDパネルがついたタイプなんです。

これだと移動するときに本体を持っていくのではなく、LEDパネルを取り外して持っていくことができるので明かりが分散できるんですよ!

トイレに行くときとか、部屋で着替えるときとか、いちいち懐中電灯を用意しなくても、これ一台あれば最大4か所の明かりが確保できます!

アウトドア用品ですが災害時にも使える優れもの!

非常時は視点を変えてみてください。

意外なものが役に立つものです!

対策④防災セット

ライフラインの断絶が続けば、場所を変える必要がでてくることもあります。

避難所や公園、車中泊も視野に入りますね。

移動となると持っていく荷物が必要になります。

すぐに用意できればいいですが、非常時は頭が真っ白になってすぐに行動できないもの。

「常日頃から準備しておけば!」

てことにもなりかねませんね。

そんなときには「非常防災セット」が便利です。

1人~2人分の食料や携帯トイレ、アルミマットなど災害時に利用できるものが揃った基本セットがいいでしょう。

車で移動する場合は車中泊がメインになる可能性があるので、エアベッドが付いたセットがおススメです。

女性専用のセットもあるので、万が一の場合にも対応できるのは嬉しいですね。

日ごろから揃えておいて、いざという時に使えるようにしておくと非常に便利です。


対策⑤ポータブル電源

移動も難しく、留まることになる場合はやはり電気の復旧はマストです。

僕の住んでいる地域は台風の直撃が多く、停電も多い場所になります。

そういうときは発電機を使うことがあるんですが、大きいし燃料がないと動かないし、便利なんですが使い勝手はお世辞にも良いとは言えません。

ましてやどこの家庭にあるわけでもない。

あると便利、だけど置き場や使い勝手に困る。

もっと使いやすくてコンパクトなものはないものか?

あります!

ポータブル電源の出番です!

ポータブル電源はコンセントからの充電が可能なので、普段から充電しておいて、アウトドアや非常時に使うことができます。

内蔵バッテリーに充電して使うので容量や使用可能時間は仕様で変わってしまいますが、最近は低価格でも十分使えるものが増えてきました。

さらにはソーラーパネルを付けて太陽光で充電できるものも増えています。

山奥で小屋を建てて自給自足の生活を送る「Bライフ」で注目を集め、誰でも手軽に電気を取り入れられることから普及していきました。

おかげで電気の確保は以前よりも容易になったように感じます。

停電のたびに重たくてデカい発電機に燃料いれてエンジンかけるより、さっと取り出してボタン一つで電源が入るポータブルのほうが、使い勝手は断然にいいです。

仕様によっては冷蔵庫までカバーできますがお値段がそれなりになりますので、そこは懐事情とご相談くださいね(;^_^A


まとめ

僕なりの「あったら便利」なものを今回はご紹介させていただきました。

対策として…

  1. カセットコンロ(予備のボンベもね)
  2. モバイルバッテリー(ソーラーパネル付きがおススメ)
  3. LEDランタン
  4. 防災セット(女性用も)
  5. ポータブルバッテリー

を取り上げてみました。

ポータブルバッテリーのところでも触れましたが、僕の住んでいる地域は停電が多いです。

最大で復旧に3日かかりました。

知人は1週間かかった人もいます。

インフラが整っているととても便利ですが、災害一つで生活に支障が出ることはとても多いです。

備えあれば憂いないとはいいますが、常日頃から災害のことを頭の片隅に置いて、非常時に備えたいものですね。

最後に一言。

災害時、最も大切なのは「あなたの命」です。

あなたが生きていることが最も大切なことになります。

自分の命は自分で守る!

そのための最大限の備えをしてほしいと思います。

ここまで読んで下さり、ありがとうござました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました