【誰でも簡単節約】ガソリンが4円引きで給油できちゃう方法

スポンサーリンク

こんにちは、nariです。

驚きました。

車のガソリンが無くなりそうだったんでガソスタ行ったんです。

普段からENEOSのセルフにお世話になっているのですが、なんとそこでの価格が…

160円!!

思わず二度見しました…

僕はクレジットカードを使っていつも入れているのですが、給油後に店員さんが来て、

「エネキーなら4円引きになりますよ。すぐ作れますがどうですか?」

え?4円引き?

普段なら聞き逃すんですが今回はだめだった。

免許証とクレカがあればすぐ作れるとのこと。

準備して店内へ。

サクッと作ってくれたので助かりましたよ。

しかし、最近のガソリン代の値上がりはやばいです。

どんどん高くなってきている…

コロナ禍のせいで出かける機会が減ったせいか、ガソリンの需要が減っているんでしょうね。

軒並み、ガソリン代が高騰しているようです。

こうなったら少しでも安くしたいと思うのが心情というもの。

どうしたら安く給油できるのか、僕なりに調べてみました。

と言っても僕はENEOSオンリーなので、ENEOSのサービスを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

節約で最も有効なのは安い値段で給油する

ガソリン代の節約で代表的なのは、

  • 運転の仕方(アクセルはゆっくり踏む、急ブレーキをしない、など)
  • エアコンの使い過ぎをしない
  • 安いガソスタで入れる
  • ガソスタの割引サービスを使う
  • セルフで入れる

などが代表的な方法だと思います。

でも、運転の仕方にしても街中では信号多いから、基本的に「ストップ&ゴー」がほとんどです。

エアコンにしたって、めちゃくちゃ暑い日にエアコン使わないのは無理!
死んじゃいます( ;∀;)

安いガソスタがあっても、近ければいいですが遠ければそこまで行く時間とガソリン代がもったいない!

じゃ何がいいのよ?

てなりますが。

結論、僕としては近場のセルフで、割引サービス使った方が全然安く入れられると思って、実際そうしてます。

ENEOSのエネキーもその一つです。

ENEOSならエネキーで4円引き

セルフで入れるのはもはや鉄板ですが、系列グループで値下げの幅が違います。

僕が行くセルフでは独自のアプリとサービスを展開しており、最大7円引きです。

クレジットカード決済なので、現金給油よりも多少は安くなっているのですが…

そこにエネキーの4円引きを加えると、なんと11円引きになるのです!

しかもエネキーはどこのENEOS(セルフ限定)なら使えるから便利ですよ!

こんなだったらさっさと作っとけば良かった…

給油方法も、機械の前で「ピッ」と読み込ませればすぐにメニュー選択できるのでめちゃ早い!

いちいちカード出す必要もないし、Tポイントの連携できるので、Tカード使ってる人は自動でポイントも貯まりますよ!

Tポイントは「5倍」「7倍」とよくキャンペーンしているのですぐに貯まるし、「1ポイント=1円」で使えるのでTSUTAYAのレンタルやガストの値引きにも使えます。

これに加えてENEOSカードがあればさらにお得なサービスもついてきます。

ENEOS・エネキーの申し込みはこちらからENEOS【EneKey】

選べる3つのENEOSカード①ENEOS CARD P(ポイントタイプ)

ENEOS CARD P(ポイントタイプ) カードは使えば使うほどポイントが貯まるタイプのカードです。

ENEOSサービスステーションなら 最大3%ポイント還元され、 給油はもちろん、洗車やオイル交換などでもポイントが貯まりますから、クレジット機能を求めていない方にお勧めです!

本人会員/1,250円税抜き(初年度無料) となります。

選べる3つのENEOSカード②ENEOS CARD C(キャッシュバックタイプ)

ENEOS CARD C(キャッシュバックタイプ) 毎月のカードの利用金額に応じて、 ガソリン、軽油が最大7円/リットル引きされるサービスがついています!

毎月7円引きは大きいですよね!

日々の暮らしの中で使えば使うほど、ガソリン代がお得になるのはとても助かります!

こちらも 本人会員/1,250円税抜き(初年度無料)となります。

選べる3つのENEOSカード③ENEOS CARD S(スタンダード)

ENEOS CARD S(スタンダード) は年1回のカードの利用で年会費無料、 ガソリン・軽油はいつでも2円/L引きと、全てのタイプのなかで最もお得なサービスがついています。

車でよく出かける方や、長距離ドライブをされる方にはうってつけではないでしょうか。

さらに年会費が通常本人会員/1,250円税抜き(初年度無料) のところ、ENEOSサービスステーションまたは、 一般加盟店で年1回以上のカード (QUICPay・ETC含む)利用をすることで、次年度の年会費も無料になります。

つまり、このスタンダードを使っている限りは年会費が無料になっていくという、とてもお得なプランがついています。

ロードサービスもついてます

3タイプとも、入会・年会費無料に加えて、24時間365日受付の『ENEOSロードサービス』がついています。

ロードサービス付きなら、出かけ先でのトラブルが起こったとしても安心できますね。

ENEOSカードならどのプランを利用してもお得にガソリンの給油やステーションでのサービスを受けることができます。

ガソリンの高騰がこの先どこまで続くかは分かりませんが、今自分たちにできることをしっかり把握して、少しでも節約に繋げることができればなぁと思っています。

早く高騰が収まって、どこかドライブに出かけたいですね。

ここまでお読みくださりありがとうございます!

またお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました