【押さえるポイントは「法律・制度」の部分】介護福祉士の筆記試験対策!

介護福祉士
スポンサーリンク

こんにちは!nariです!

職業は介護福祉士です!前職は建築系の職人やってました!
その前はリフォーム業に携わることもありました!

根っからの福祉野郎ではなかったのですねぇ…ふっふっふ…

おかげ様で、今の職場で何かが壊れたりすれば僕に速攻で連絡来ます。

そして直します。
大概直します。

得意技は「セメント5分練り」!

これはマジだぁぁぁぁぁぁぁ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

で。そんな話は置いといて。

今回は「介護福祉士」の試験を受ける際の「僕的超級ポイント」についてお話します。
もうね、これ押さえとけば試験に落ちてもこの項目はきちんと点数は取れますよ(いやいや、不合格じゃ意味ないねん…)

介護福祉士の試験を受ける方は、ぜひ参考にしてください!

それでは行ってみよォ!!!

スポンサーリンク

押さえるポイントは「法律・制度」の部分

ある程度勉強を進めていけば点数は取れるようになりますよね。
ただ、介護福祉士の「知識」としてのカバー部分は年々増加しています。

特に「法律・制度」に関しては、年々施行される法律が増えていくのでチェックが必要です。

僕が皆さんにお伝えしたいのは…

試験を受ける年に施行される福祉関連の法律・制度(条例含む)は必ずチェックする!

これは必ず確認しておいたほうがいいです。


2021年は「介護保険制度」について改定がありましたよね。この部分は必ず試験に出題されると思うので要チェックです。

実はこの「制度」の部分のチェックが甘かったので、僕は試験で落としてしまったんですよね…(ほかの分野の補填で試験は合格でしたが…)

しかも、僕が受けた平成27年当時はまだ試験制度改正前。

筆記試験が実技試験の前にあり、合格しないと実技試験受けられなくなるのでここで落とすと…

終了~~~(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

てなるんですよねぇ…

マジか…(;´Д`)
どんだけイバラの道…

もうね、筆記試験受ける時点で退路は塞がれてるようなもんでしたからね…
ここを突破しなければ、介護福祉士にはなれない!

そう思ってがむしゃらに勉強しましたから!

しかし、まさかの法律関係でその設問を落とすという不祥事発生…

なので「制度」関係はしっかり押さえておいてくださいね!
試験問題開いて、目の前に突然バーン!と現れると頭真っ白…

想定外のトリッキー問題ですから(;´Д`)

それから、本屋で売ってるようなバカでかくてバカ高い、過去問5年分がぎっしり詰まった問題集。

僕は使いませんでした(。-`ω-)

は?問題集使ってない?

どういうことやねん、オイ?(。´・ω・)?

て思ったあなた。

お答えしましょう!

問題集?デカくて重いから捨てたわ!

これほんと。

問題集デカいし重いからそっこー投げました。

ほんでスマホ出してアプリ検索。

おお、あるある!

介護福祉士試験の問題集が詰まったアプリ~~~(´艸`*)

いやね、もうね。

アプリあったら問題集いらんわ!!

しかも無料だし…

困るのはアプリの数かな。
めっちゃ多いですからね…

でもまぁ、どれも似たような内容だし、使いやすいの選べばいいだけだし、それに、

無料ですから!

使わない手はないですね、ほんと!

ちょっと古かったりするけど、数こなしていけば割と正解率は上がります。
それに、すぐに解答が分かるし、間違えたら正解と解説もしっかりついてくる。

もう、ほとんどテキストと同じ♪

それに隙間時間とかでできるから。
通勤時間とか、仕事の休憩時間とか、彼女との待ち合わせ時間とか。
無限に勉強し放題!

ってことで使い勝手抜群!
問題集だとそうはいかないんですよね。

持ち歩くにもかさばるし、すぐパッと取り出して勉強できるわけじゃないし。
重いしデカいし邪魔になるし、最終的には机の上に置かれる始末…

その点、アプリならどこでもポチポチ出来るから、ある意味効率よく勉強できるわけですな( *´艸`)
気になった方は、スマホアプリの検索画面で「介護福祉士 試験」て入れてみてください。

結果がズラ~~~っと出てきますんで。

これだけは押さえておきたいポイント!

まとめとなりますが、介護福祉士の筆記試験対策として僕が提案するのは…

  • 過去問よりも「アプリ」で繰り返し勉強する
  • 制度・法律関係はしっかり押さえる(直近5年は必ず)

この2点をお薦めしておきます。

あとは自分のスタイルというのもがあると思いますので、それぞれに合わせて頂ければよろしいかと。

それから、今から勉強をする方はしっかり覚えておいていただきたいのですが。

介護福祉士としての「知識」の幅は年々広がっているように思います。
実際、現場中心の介護福祉士で、「それ必要?」と思ってしまうこともあるのですが、介護福祉士は介護分野においてのスペシャリスト以外に、その後の資格取得の大きな架け橋になります。

ここでしっかり知識を身に着けておけば、この先の「ケアマネージャー」「社会福祉士」などの上位の資格取得で優位になることは間違いないと思います。

知識は「知財」と言って、自分にとって大きな財産になりますからね!

なので、来年に向けて試験勉強を進める方はぜひとも制度・法律関係の確認もしてみてください!

それでは、また~!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました