【節約効果絶大】スマホ料金が毎月1,500円台になる方法とは?

おススメ
スポンサーリンク

こんにちは、nariです!

さて、今回ですが、

格安simのすすめ

で進めていきたいと思います。

僕自身、格安SIMに変えて6年ほど使っていますが、何の問題もありません。

それどころか、毎月1,500円台に抑えられるのでコスパは最強です。

僕自身の体験談も交えながら進めていきますので、検討している方はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

スマホ料金が毎月約1,500円台に!!

はっきり言います。

格安SIMはコスパ最強です。

現在の携帯の大手3キャリアは…

  • NTTドコモ
  • ソフトバンク
  • au

ですよね。

大手キャリアの料金はもともと高く、価格競争が激化する中、どこもお得な料金プラン出してきました(2021年3月開始)

docomoソフトバンクAU
プランahamoSoftbank on LINEpovo
月額料金2,700円2,480円2,480円
データ通信料20GB20GB20GB
通話料(オプション)・20秒/30円
・1回5分以内の通話かけ放題(無料)
・かけ放題(月1,000円)
・20秒/30円
・5分以内の通話かけ放題(月500円)
・かけ放題(月1,500円)
・20秒/30円
・5分以内の通話かけ放題(月500円)
・かけ放題(月1,500円)
その他ドコモ回線の継続利用期間の引継ぎが必要LINEはギガノーカウント、LINEクリエイターズスタンプ使い放題(2021年夏開始予定)
データー使い放題24時間につき200円、データ追加1GBにつき500円などオプションの追加が可能
【参考】NTTドコモ「ahamo」、ソフトバンク「LINEMO」、au「新発想の料金プラン「povo」誕生」

上記のプランに共通して言えるのは、

  • 月額料金が横ばい(最大2,700円)
  • データ通信量が20GB
  • 5分以内の通話かけ放題(無料、もしくは月500円)
  • 2021年3月から開始

キャリア料金で20GB使えて、各キャリア毎の設定はあるものの、5分間以内のかけ放題つき。

革新的な価格だと言えます!

価格競争の賜物かもしれません。

むしろ、ようやくユーザー目線に立ったと言えるのかも。

ですが、世の中にはすでにキャリアと同等のサービスを、キャリアよりも低い価格で実現したスマホサービスがあります。

それが「格安SIM」です。

格安simキャリアは「MVNO」とも呼ばれており(以降はMVNOで進めていきます)、その説明を少しさせていただきますね。

さて、MVNOの仕組みなんですが。

簡単にいうと「レンタカー」と同じ考え方です。

というのも…

MVNOの通信着業者は自分たちの通信網を持っていないのです。

3キャリアの通信網を「レンタル」して通信事業を行っています。

自分たちで通信網を持っていないということは、そこにかかるメンテ代、維持費といった費用が発生しないので、結果として料金を下げて提供することに繋がっているいうことです。

レンタカーも、借りるときには使う時間帯や使用方法で料金が変わってきますよね。

それに使う時だけ借りるので、年間の維持費、税金が発生しないというのも魅力です。

MVNOを利用する際の料金設定も同じ理由が挙げられると思います。

また、MVNOの料金プランはとてもシンプルです。

キャリアの場合だと…

  • 様々なオプションが付いていたりしてカタログ見ても何がなんだか…
  • ショップスタッフの説明を聞いてもよく分からない…
  • 気が付けば不要なオプションだらけで結局料金爆上がり(゚Д゚;)

なんてことはよくあると思います。

対してMVNOは…

  • 基本的にネット上で契約を行っていく
  • 自分であれこれと選択していく必要がある
  • 料金プランやHPのインターフェースがシンプル
  • 各設定がシンプルで選択しやすい

そして、前述したように通信網をレンタルしているので、利用料金が非常に安い!!

実際、僕も格安simに乗り換えたことで、それまで約90000円かかっていた通信費を30000円程度に抑えることに成功しています(年間約60000円の節約!)

どうして格安SIMを選択したのか?

僕は格安SIMを使い始めてから6年近くになります。

それまではauを使っていました。
通信網の強さ、通話品質等が気に入っていてauを長年使っていたのですが…

当時iPhone5cにした頃、料金が割引されていたんですね。

キャリア特典かなんかだったんですが…月に7000円程度だったと記憶しています。

ところが間もなく2年縛りが終わるというときに調べたら料金が1.5倍くらいになることが分かりました。

慌ててauに話を聞きに行ったら、間違いなく料金は上がるとのこと。

対策としては、

  • 一旦解約→新規契約
  • 2年縛りが終わる時期にMNPで他社契約

の2択!

ぅおい!マジかよ!(゚Д゚;)
選択肢は2択しかないのか?

実は一度ソフトバンクに変えたんですが、職場で話してると途中で通話が切れるし、家の中では3Gだけだし…

と通信状況最悪だったのですぐに解約してauに戻したんですね。

なので、auは僕の中で「マスト」な存在なので変えたくはなかった。

そう考えながらネットで検索しているとある文字が入ってきました。

それは「UQモバイル」

auのMVNOバージョンですね(ざっくりしすぎ!)

auの回線が使えて安いならいいんじゃね?と思って調べまくりました!

そしたら「お試しSIM」なるものが使えることが分かり、さっそく申し込み。

届いたsimカードでできるのは通信がキチンとできるかを確認するもの。

早速差し替えて使ってみると、バッチリぐ~!でした(*’▽’)

ほんならこれで決まりかなと思ったんですが…

いろいろオプション含めていくと、auとさして変わんねえ…
しかも2年目から料金上がる…

ということで、僕の要求とは明らかに異なるので却下。

再度探しまくって見つけたのが…

mineo(マイネオ)なのです!!

今でこそ3大キャリアをフォローするMVNOは多いんですが、6年前当時はほとんどが「ドコモ」と互換性がありました。

なのでauをフォローしているMVNOはなかなか見つからなかったんです。

あちこち駆け巡ってようやく発見したのが「mineo」というわけです。

一旦見つけてしまえば、あとは情報収集です。

どんなサービスがあるのか、どんな料金体系なのか。

機種は?料金アップの可能性は?引き落としは?

などなど…

僕が求めていたのは…

  • auの回線のまま使えること
  • 料金は現状据え置き
  • 当時使っていたiPhone5cがそのまま使えるか

でした。

んで、mineoは全てクリア!しておりましたので、家族を説得しmineoに変更!

当時のプランが

  • au…月7500円程度(それでも安いと言われた…)→2年縛り以降は9000円くらいに上がる
  • mineo…月1500円(5Gプラン)、月定額30分通話オプション900円→諸々で2500円程度
  • その差なんと6500円!!(゚Д゚;)

結果として、携帯料金は年間で一人頭訳30000円に収まったわけでございます。

年間約60000円の節約!

うっわ、おっそろしい…

というわけで、僕は6年近くmineoを使っているわけでございます。

現在は料金改定が行われて、

  • データ容量5GB「マイピタ」1,518円
  • 通話定額月924円
  • 計2,442円

これに定額分を超えた通話代が加算された料金になります(通話料22円/30秒)

「mineoでんわ」というアプリを使えば、通話代は10円/30秒(月額無料)になります。

さらに月額935円で10分かけ放題(10分経過後10円/30秒)にもできますが、かけ放題のメリットが僕にはなかったのでしていません。

料金こそ見直しがされていますが、au回線がバリバリ使えるから通話が切れる心配もないです!

ちゃんと5Gにも対応してきてますし、しっかりしていると思います。

maineoのAプラン(au回線プラン)だと、VOLTESIMカードにしていればテザリングも可能です。

料金据え置きでキャリアを変わらない使い勝手は最高ですね!

気になるデメリットは?

ここまでMVNO(僕の場合はmineo)のメリットを中心に挙げてきました。

じゃぁデメリットはないのかということですが。

あるんです、デメリット…

それは…

  • 契約がネット上で行うことが多い
  • 開通手続きがやや複雑
  • MVNOの数が多くて絞り込みが難しい
  • 料金引き落としはクレジットカードのみ
  • 機種の選択肢が少ない

他にも挙げればあるんでしょうが、実際自分で躓きそうになった部分を挙げてみました。

まず契約ですが、ネット上がほとんどです。

ですので、初心者の方やネットが苦手な方はこの時点で難しいと思うので、スタッフが常駐しているキャリアを頼るのが無難です。

「UQモバイル」や「LINEモバイル」「Y!モバイル」は実店舗での契約が可能です。

  • UQモバイル→シッピングモールやauショップ内にコーナーがあります
  • Y!モバイル→ソフトバンクショップで取り扱いがあります
  • LINEモバイル・OCNモバイル→GEOで取り扱いがあります

上記のMVNOなら、ネット上でなくてもスタッフが常駐しているので容易に進めていけると思います。

デメリットのほとんどは解消できるのではないでしょうか?

ネットでも問題なく進めていける方であればご自分で契約されても大丈夫だと思います。

最近はMVNOキャリアが増えていますので、ご自分にあったキャリアを比較サイト等で調べると探しやすいと思います。

格安simカード比較・MVNO・キャリア24社(価格.com)

個人的にお薦めなのは…

くらいでしょうか(クリックで各MVNOに飛べます)。

僕の性格上、シンプルなものを好むのでこのような結果に…

もちろんこれは僕の好みですので、ご参考程度にとどめてくださいね!

mineo BIGLOBE
プランマイピタ5GB
(A・D・S共通)
3ギガプランau回線音声通話SIM
料金1,518円1,320円
通話料金・22円/30秒
・mineo電話10分かけ放題(月935円・10分経過後10円/30秒)
・mineoでんわ(無料・10円/30秒)
・通話定額30(月924円)
・通話定額60(月1,848円)
・20円/30秒
・BIGLOBEでんわアプリ(9円/30秒)
・10分かけ放題/通話パック90(月額830円(税抜き))
・3分かけ放題/通話パック60(月額600円(税抜き))
備考・パケット放題プラス(月385円税込み)
1年間特典料金
・1GB、3GB/700円(税抜き)
・6GB/1,200円(税抜き)
【参考】「mineo料金・サービス」「BIGLOBE新料金プラン」

結論:格安SIMはコスパ最強&効果絶大

何度も言っていますが、格安SIMはコスパ最強&効果絶大です!

機種は今使っているものが使えるし、こだわりがなければ中古の機種でも十分使えます(僕は中古のiPhone7使ってます)。

最新機種は使えないことが多いですが、そこはキャリア次第でしょうか。

最初のとっかかりは敷居が高いイメージの格安SIMですが、現状は店舗での対応も可能になってきていますので、気になる方はショップに足を運んでみてください。

間違いなく携帯料金の節約になりますよ!

家計の見直しの際にぜひ、ご検討ください!

ここまで読んで下さり、ありがとうございました!

それでは、また!

イートレン.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました