【シンエヴァ考察】4隻のNHGとは?

スポンサーリンク

7月21日に終映した「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」。

今までの伏線や「新世紀=ネオンジェネシス」のタイトルを回収するなど、完結作にふさわしい大作となりました。

ところが、作品内にはまだまだ掘り下げたくなるようなキーワードがゴロゴロしています。

その中の一つがAAAヴンダーをはじめとする「NHG」。

実はこの「NHG」については詳しい記述があまり出てきません。

僕も気になったのでいろいろ調べていく上で、「NHG」の「H」は「Horseman」という意味があるのではないかということが分かりました。

僕なりの見解ではありますが、分かったことをお伝えします。

スポンサーリンク

NHGとは?

「NHG」とは、シン・エヴァに登場する「NERVが所有する4隻の空中戦艦」になります。

  • 1番艦ヴーセ(贖罪)
  • 2番艦エアズーレンク(救い)
  • 3番艦エルブズュンデ(原罪)
  • 4番艦ゲベート(祈り)

の4隻から構成されており、それぞれの呼び名は全てドイツ語になっています。

1番艦のヴーセは建造中にNERVからWILLEが強奪し、AAAヴンダー(希望)として「新劇場版:Q」から運用されていますね。

AAAヴンダーについてはこちら→【AAAヴンダー考察】AAAの意味、本来の姿、運用目的について

劇中でゲンドウが

全てのHorsemanは揃った。預けていた初号機を返してもらう

というセリフがありますが、これは恐らく「ガフの守り人」のことを指しているのではと思われます。

新劇場版:破で「セカンドインパクト」についての描写がありましたが、あの時に「4体のADAMS」と「4本の槍」が描かれていました。

シン・エヴァのフォースインパクトの目的は「魂の浄化」です。

なぜ魂の浄化が必要かと言うと、これまでのインパクトは

・セカンドインパクト=海の浄化が目的(海が真っ赤になった)

・サードインパクト=大地の浄化が目的(大地が真っ赤になった)

と言われています。

最後のフォースインパクトで「魂の浄化」が行われることで、葛城博士の提唱する「人類補完計画」が成るとされ、ゼーレが採用しました。

しかし、ゲンドウの計画は人類補完計画を利用して「最愛の人=ユイ」に会うことです。

そのためには全てのインパクトを起こしてマイナス宇宙へ行き、さらにアディショナルインパクトを起こさなければなりません。

ガフの扉を開き計画を成就するためには、全ての儀式を終わらせる必要がありました。

そのためにはフォースインパクトの発動が必須だったのです。

利害が一致したため、ゲンドウはゼーレに協力するふりをして自らの計画を推し進めていたというわけですね。

ガフの守り人とは

ガフの扉(地獄の門)を開くためにはインパクトを発動させる必要があります。

インパクトの発動条件として

神のみが起こすことができる

・地球の生命体の始祖であるアダム、
 もしくはリリスが起こせる

・使徒やエヴァがリリスと融合したり
 覚醒して「神に近い存在」になると
 起こせる

とされています。

ニアサードは覚醒した初号機が、フォースインパクトは覚醒した第13号機がトリガーになりました。

インパクトが発動すると爆心地の上空に巨大な渦上の空間(穴のようなもの)が現れ、地上にある全てのものを吸い上げていきます。

これは、インパクトによって浄化されたもの(海、大地、魂)を吸い上げていると言われています。

その吸い上げている空間こそが「ガフの扉(地獄の門)」だとされていますが、その門を何かしらの脅威から守るための存在が「ガフの守り人」と考えられます。

それこそが4隻の「NHG」なのです。

NHGの意味は?

ここまでで「NHG」の役割は分かりました。

要約するに「ガフの扉(地獄の門)」を守る存在であるということです。

では、この「NHG」は何を意味するのか?

これは残念ながら詳細が分かっていません。

「NHG」の意味についていろいろ調べていくと、

「NHG=New High German(新高ドイツ語)」

と言われている記述を見つけました。

これはドイツ語を年代区別的に示す言葉と言われています。

ですが、これは「エヴァンゲリオン」であり「ロボットアニメ」なので他の考察も考えられると僕は思っています。

そこで僕なりに「NHG」の意味を考えてみました。

N=NERV

H=Horseman's

G=Guard(Guardian)

としてみると、冬月の言葉に当てはまりそうな気もします。

これは「H=Horseman」を4体のADAMSとしたときに、その守護者という意味に繋がります。

「NHG」はガフの扉だけではなく、儀式の中心となる存在=ADAMSも同時に守るために建造されたと考えています。

本来、4隻の「NHG」の主機はADAMSが担うもの。

そうなるとH=Horseman(騎手、手綱を持つもの)を指すのはADAMS。

ADAMSを主機としてその身にとどめ、自らATフィールドを展開できることを考えると、「NHG」そのものが分厚い装甲になりADAMSを守ることができます。

そして、そのまま儀式を行うとすれば、ADAMSを守りつつ儀式を進めることができる。

まさに一石二鳥。

ガフの守り人たる所以が少し見えた気がします。

まとめ

「NHG」の意味や役割について考えてきました。

結論として、「NHG」は「ガフの守り人」であると同時に「ADAMSの守り人」でもあると考えられるのではないでしょうか。

そして「NHG」は、

N=NERVの

H=Horseman的役割を担う

G=ADAMSの守護者(Guard、Guardian)

ということを意味しているとも考えられます。

以上が、僕の考えるところの「NHGの意味、役割」というところです。

調べていく中でまた発見がると思います。

その時は追記してより充実した内容にしていくつもりなので、これからも読んでいただけると嬉しいです(*´ω`*)

エヴァのまとめ記事はこちら→【まとめ記事】エヴァの「激ゆる」考察集

↓Amazonプライムで配信中!↓

↓いつでもアマプラが見たいならスマートテレビ!↓

エヴァンゲリオンをもっと楽しみたいという方はU-NEXTでお楽しみください。
U-NEXTでは「テレビ版」「漫画版」「新劇場版」が配信されています。
別シリーズのエヴァを知ることでより「エヴァ」の世界を楽しむことができますよ!

エヴァンゲリオンを見るならU-NEXT
最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>


コメント

タイトルとURLをコピーしました